アクタージュ連載終了へ   

未分類

アクタージュは原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ からなる漫画です。

過去には人気が低迷し打ち切りになるのでは?と噂されていましたが、再ブレイクを果たし現在では人気の漫画です。

2020年8月8日 原作者のマツキタツヤ氏が女子中学生に対し強制わいせつ容疑で逮捕されたと報道されました。

週刊少年ジャンプに連載している人気漫画の原作者で、29歳のシナリオライターが、路上で女子中学生にわいせつな行為をしたとして逮捕されました。近くで別の中学生も同じような被害に遭っていて、警視庁が調べています。逮捕されたのは、東京 中野区のシナリオライター、松木達哉容疑者(29)です。

警視庁によりますと、ことし6月18日の午後8時ごろ、中野区の路上で、歩いていた女子中学生の後ろから自転車で近づき、体を触ったとして、強制わいせつの疑いが持たれています。

その後、自転車で現場から逃走し、通報を受けた警視庁が、防犯カメラの映像を分析するなどして捜査していました。

また、およそ1時間後に近くの路上で別の女子中学生が同じような被害に遭っていて、松木容疑者とよく似た人物が防犯カメラに写っていたことから、関連を調べています。

警視庁によりますと、調べに対し「おおむね間違いありません」などと供述し、容疑を認めているということです。

容疑者は、「マツキタツヤ」というペンネームで活動し、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「アクタージュ act-age」の原作を担当していました。

NHK NEWS WEBより引用
スポンサーリンク

アクタージュとは

天才的な演技の才能を秘めた主人公・夜凪景が女優として成長する姿を描く物語で
役者志望の女子高生「夜凪 景(よなぎ けい)」はプロダクション『スターズ』のオーディションを受けるが、不合格となる。しかし、その選考にかかわっていた映画監督「黒山 墨字(くろやま すみじ)」と出会い、黒山の率いる『スタジオ大黒天』に所属し、役者をめざし成長していく姿を描く漫画となっています。

打ち切りを回避して人気になった理由は?

アクタージュは2018年8月号から連載されていますが、連載当初は人気はそれほどなかったようです。
芝居をテーマにした部分や落ち着いた絵のタッチが、少年ジャンプっぽくない漫画でした。キャラクターの個性もあまり目立ってなかったようです。

少年ジャンプの年齢層も小学生~中高生がメインだったのもなかなか人気が出ない原因だったのではないでしょうか。
連載が落ち着いた頃には掲載順序が後ろが多くなり、このままでは打ち切りになるんではないかと噂されていました。

しかし、マニアックなテーマが徐々にコアなファンを集め人気が出てくるようになりました。作風に変化はないですが、絵のクオリティやこれぞ少年ジャンプというような
バトル要素を取り込んだのが大きなポイントですね。
その結果、「第14回全国書店員が選んだおすすめコミック」「第4回次にくるマンガ大賞(コミックス部門)」に選ばれています。

週間少年ジャンプ公式コメント

『アクタージュ act-age』連載終了に関するお知らせ

去る8月8日、『アクタージュ act-age』の原作担当であるマツキタツヤ氏が逮捕されました。

編集部ではこの事態を非常に重く受けとめて、事実確認のうえ、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。その結果、『アクタージュ act-age』の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました。
8月11日(火)発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって、連載終了といたします。

これまで多くの読者の皆様に応援していただいた作品をこのような形で終了することになり、編集部としても非常に残念でなりません。しかしながら、事件の内容と、「週刊少年ジャンプ」の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました。
ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

編集部はもとより、宇佐崎先生は断腸の思いをなさっていますが、先生をサポートし、また作品を作っていけるよう励んでまいります。
なお、コミックス等の関連刊行物やイベント等各種企画につきましては、関係各所とも協議のうえ、決まり次第お知らせいたします。
2020年8月10日
週刊少年ジャンプ編集部

週刊少年ジャンプ公式サイトより引用

まとめ

今回はアクタージュの連載終了についてまとめてみました。
とても面白い作品だけにとても残念です。未成年にわいせつ行為をするなんてとても許せないことです。しっかりと罪を償ってまた面白い作品を生み出してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました