心理学 上司との関係改善に使える心理学

心理学

職場の人間関係はとても重要ですよね。人間関係について悩んでいる人も多いと思います。上司とうまくいかずにコミュニケーション不足になり仕事が遅れてしまったり
頼れるはずの同僚との関係も良くないと相談できる相手もおらず
辞めてしまう方もいると思います。

実際に私の知り合いにも職場の人間関係で仕事を辞めてしまった人がいます。
人間関係が悪化する前に改善したいと思いませんか?

心理学を使えばまだ改善できるかもしれません!
なのでこれから紹介する心理学を職場で試してみてください!

スポンサーリンク

心理学とは

心理学とは心と行動の学問と言われ長く研究されてきました。
長年の研究によって科学的な分析がなされ、人がどのような心境の時にどんな行動をするか、身体はどのように反応するか、といった心の行動と身体のメカニズムが徐々に解明しつつあります。

この心のメカニズムを科学的に解明していくのが「心理学」です。

上司と関係改善

初頭効果

「初頭効果」とは、第一印象がその後もずっと大きな影響を与え続けることです

相手に対する印象や評価には、どのような情報の中でも、会ってから最初に受けた
イメージや情報が最も強く影響します。

最初の印象がいいと・・・上司「まぁ、そういうこともある。気にするな」
と思ってもらうことができますが、

最初の印象が悪いと・・・上司「普段からボサッとしてるから・・・。気を付けろ」
と悪い印象与え続けてしまいます。

今悩んでいる方は、第一印象にあまりよくない印象を与えてしまったかもしれません
しかし、この「初頭効果」をくつがえすことができるのが

「新近効果」です。

新近効果

「新近効果」とは、一番新しい印象や情報が心に残り、ずっと後まで続く効果のことです。

「終末効果」ともいい、去り際、別れ際の態度も、相手に好感を与えるためにはとても重要で、大事になります。

ただし「新近効果」には弱点があります。
それは相手に対して強いインパクトを与えないと「初頭効果」を上書きすることができないということです。

例えば、普段している仕事のミスを無くし、上司が話している時は目を見て話し、
仕事終わりには笑顔で「お疲れ様でした!」と当たり前のことを続けていくだけ
でも上司の印象は少しずつ変わっていきます。


しかしこの当たり前ができていない人がたくさんいます。普段からできている人は何も変える必要はありません、貴方の上司に見る目がないだけです。

そのまま続けていきましょう。

単純接触の原理

単純接触の原理とは、初めは興味がない相手でも何度も接していると好感度が上がるということです。

人間はよく知らない人物に対して警戒心を持ってしまいます。いきなり好意を抱くことは、あまりありません。

しかし、日常的に何度も顔を合わせてる人や連絡を取り合っている人に対しては好意を抱きやすいようにできています。

なので、嫌われていないのであれば何度も日常会話や挨拶など繰り返していれば自然に
好感度は上がっていきます。

「単純接触の原理」は恋愛にも使うことができます。気になる方は下の記事をご覧ください

主張的反応

「主張的反応」とは、アサーションとも呼ばれ自己表現法の中で自分のことも相手のことも配慮する方法のことです。相手を配慮しない「攻撃的主張」や、常に受け身な「非主張的反応」などに対して円滑なコミュニケーションを可能にします。

これはどんなことにも使えるコミュニケーションのテクニックで

例えば

「攻撃的主張」

上司
上司

この仕事を今からしてもらえる?

部下
部下

忙しいのでできません!(# ゚Д゚)怒

自分が正しいと思い込み頭ごなしに主張するようなやり方
これは人間関係をこじらせるNGなやり方です。

「非主張的反応」

上司
上司

この仕事今からしてもらえる?

部下
部下

・・・承知しました

常に相手を優先し、自分を押し殺すやり方。ストレスがたまりやすく、病気になりやすく、これもNGなやり方です

「主張的反応」

上司
上司

この仕事今からしてもらえる?

部下
部下

今は別の作業をしていて、16時までかかりそうですが、
そのあとでもよろしいでしょうか?

自分の状況を伝えつつ、相手のことも配慮する。お互いの意見を伝え合うことにより
コミュニケーションがとれ仕事もやりやすくなり上司との連携がとれお互いに良好な関係を築けるでしょう。

最後に

今回は、上司との関係改善ができそうな心理学をピックアップして見ました
どうだったでしょうか?

上司との関係で悩んでいる方はとても多いです。しかし、貴方が改善しようと試みればもしかしたら答えてくれるかもしれません。

もちろん思い切って新しい職場を探し人間関係を構築していくのもとてもいいと思います。ストレスを抱え病気になっては元も子もないですからね!

何が正解なんて誰にもわかりません、貴方が進んでよかったなと思える道が正解なのです。

ご覧いただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました